【型紙・作り方】ハギレ活用!簡単ターバン(ヘアバンド)

簡単なターバン(ヘアバンド)の無料型紙と作り方、巻き方について書きます。

細長い長方形のハギレを頭に巻いてターバン(ヘアバンド)にしてみました。直線なので型紙不要、布に線を引いてOKです。
ゴムのヘアバンドと違って締め付け感がなく、結び方次第でアレンジ可能です。頭に巻くのも簡単です。

締め付けないターバンやヘアバンドをお探しの方、細長いハギレ余ってる!という方(そうでない方々も…!)、簡単なのでぜひお試しください♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク




型紙・作り方

今回は幅20cmで長さ190cmの布を使いました。幅は7cm~20cmくらいで大丈夫です。アバウトでいいです。長さは190cmくらいあると巻きやすいです。

布がほつれないように布端すべてにロックミシン(またはジグザグミシン)をかけます。布の耳がある場合は、耳はほつれないので、処理しなくてもOKです。ほつれなければいいので、細い三つ折りミシンなどでもいいです。長さが足りないときは継いでも良いです。

布選びのコツ
普通地くらいの固すぎない布を選ぶと頭に巻きやすいです!薄手の柔らかい布もおすすめです。今回はコットンリネンの平織を使っています。

ターバンの巻き方

ターバンの巻き方を説明します。これは一例なので、いろいろアレンジしてみてくださいね♪

今回は始めに地毛を耳の高さあたりでポニーテールにしました。

①布幅を半分に折る。

幅7~10cm程度にする。(もともと幅7~10cmくらいなら折らなくてもいいです)。

②中心を頭の中央にあてる。

③頭の後でクロスさせる。

ここで適度にきゅっと締めます。きつくない程度にします。

④布端を上にもってくる。

⑤頭の上の方で一回結ぶ。

⑥好きな結び方で仕上げる。

今回は『片輪結び』にしました。片輪結びはこちらの動画を参考に!

片結びでも蝶結びでもいいです。
完成!

まとめ

今回はハギレを使った簡単なターバン(ヘアバンド)の作り方と巻き方について書きました。
布端を処理するだけでできるので、いろんな布でお試しください。

ほかにもハギレの活用法あります。

いちばん簡単!ハギレ活用法
ハンドメイドで余ってしまうハギレの活用法について書きます。 大きめの四角いハギレには、布のまわり一周ロックミシン(またはジグザグミシン...
Instagram

インスタグラムへのご投稿は
ぜひタグを付けてください♪
#yanのてづくり手帖
#yanの簡単ターバン

いつもありがとうございます。
それでは、また!

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




インスタグラム更新中!下のアイコンからどうぞ♪