手芸の基礎 おすすめの布

布選びに失敗しないコツ

投稿日:2017-04-28 更新日:

服作りで、布を選ぶときに気を付けていること4点をまとめました。

Sponsored Link

必要な量を把握する

布がどれだけ必要か把握しておきます。
洋裁本に載っている分量はだいたい多めです。型紙が既にあるなら、裁断のシミュレーションをしてみると、余分なく布を買えます(縫い代分を忘れずに!)。
シングル幅(布幅90~110cm程度)の場合と、ダブル幅(布幅140cm以上)の場合、両方メモしておくと店内で焦らずにすみます。

何を作るか具体的に決めずに買うなら
・トップス 1.5m~2.5m
・スカート/パンツ 2m~2.5m
・ワンピース 2.5m~3m
だいたいこんな感じだと思います。

肌に馴染む?

服は肌に触れるものなので、触り心地がいいかどうかは、大切な点だと思います。繊維の種類も大切ですが、実感を優先してもいいと思っています。
手に馴染まないようなものは結局着ないので、別のものにするようにしています。

布の厚み

布の厚みも重要です。
透け感の有無を確認し、ギャザーやドレープに適しているかどうかなど、作るものに適した厚みの布を選びます。

カーディガンに合う?

カーディガンじゃなくてもいいです。「自分の持ってる服に合うかどうか」の基準として、わたしはカーディガンを思い浮かべます。

「布を見ている段階ではかわいかったのに、普段着としては微妙…、結局着なかった…」ということ、ありませんか。
布から服になることを現実的に考えるのって難しいと思うのです。

そこで、カーディガンです。
自分の持ってるカーディガンとその布がしっくり馴染めば、服としておかしくない布であることがわかります。
カーディガンでなくても、作る物と合わせる服や靴などのコーディネートを具体的に想像すると、布を選びやすくなると思います。

最後に…

理想の布を予算内で見つけるのって、なかなか難しいですが、ハンターになった気持ちで探しにいくのも面白いです。
あと、布屋さんに行くときはメジャーを持って行くと便利です(だいたい忘れます!)。
布幅が明記されてないときにメジャーで測ります。

★関連記事
おすすめ!布の通販・ネットショップ
大塚屋ネットショップおすすめの布

素敵な布に出会えますように。

それでは、また!

Sponsored Link

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
『yanのてづくり手帖』では
簡単に作れる大人服・子供服・小物の
無料型紙と作り方を
30種類以上公開しています。
ほとんど直線で簡単♪
初心者さんにもおすすめです。

無料型紙(free patterns)はこちら

おすすめの生地屋さんはこちら

インスタグラム(@yan_sewing)
Instagram

ブログランキングに参加しています。にほんブログ村 ハンドメイドブログ 洋服(洋裁)へ
にほんブログ村

Copyright© ハンドメイド洋裁ブログ yanのてづくり手帖-簡単大人服・子供服・小物の無料型紙と作り方- , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.