手芸の基礎ーフレンチナッツステッチー

刺繍の基本的なステッチの1つ「フレンチナッツステッチ」について説明します(フレンチナットとも言います)。

フレンチナッツステッチとは、小さな粒のようなステッチで、木の実や花芯、目などによく使われます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




フレンチナッツステッチのやり方

①フレンチナッツステッチを刺したい場所から針を出します。

②針に糸を2回巻き、糸を引き締めます。

③糸を巻きつけ、引き締めたまま、最初の針穴のすぐ隣りへ針を入れます。

④完成です。
★今回は刺繍糸6本どりで、大きくゆるめに刺しています。

フレンチナッツステッチのコツ

・糸をきつめに巻くと小さな粒になり、ゆるめに巻くとボリュームが出ます。表現したいものによって使い分けます。
・糸を巻く回数によっても大きさが変わります。2回巻くことが多いですが、小さめにしたいときは1回にします。

わたしは長い間、フレンチナッツステッチは玉止めと同じことだと思っていましたが、ちゃんと習ってみたら全然違ったので驚きました。

それでは、また!

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加