ペチコート(裏地)におすすめの布

前回、ペチコートの作り方について書きました→【型紙・作り方】簡単ペチコート
今回はペチコートなどの裏地におすすめの布について書きます。

用途によって裏地にも様々な種類の布が使われますが、ペチコートの多くはツルツルとした薄めの布が使われていると思います。

中でもおすすめしたい裏地は「ポリエステル」と「キュプラ」です。

①ポリエステル

ポリエステルには吸水性がほとんどないため、汗をかくと不快に感じる…という経験がある人もいるかもしれませんが、最近では吸水性を高める加工がされたポリエステル裏地も販売されています。
ポリエステルはもともとシワになりにくく、洗濯にも強い繊維なので、吸水性向上などの加工されたポリエステル裏地はぜひおすすめしたいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

透ける素材などの裏地に!!東レ裏地『ODESSA』(オデッサ)
価格:626円(税込、送料別) (2017/9/16時点)

★吸水性向上の加工されていない普通のポリエステル裏地は、価格はお手頃ですが、夏用には向かないと思います。

②キュプラ

ベンベルグと表記されることもあります。キュプラはコットンリンターという綿の短い繊維を溶かして繊維に再生して作る「再生繊維」です。原料は綿なので、吸水性や吸湿性に優れています。静電気が起きにくく、柔らかくしなやかで着心地がとても良いので洋服の裏地にぴったりです。スーツなどの高級な服の裏地に使われることも多いです。ただし合成繊維のポリエステルと比べると、洗濯で縮みやすいですが、中性洗剤で優しく洗うなど取り扱いに注意すれば大丈夫です。シワになりやすいので、保管は丁寧に。アイロンは中温までです。

以上、ペチコートにおすすめの布でした。
ペチコート作りの参考になれば幸いです。
作り方は↓からどうぞ。
【型紙・作り方】簡単ペチコート

それでは、また!

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク